71 : MZD

2017年8月 5日 (土)

サザンビーチちがさき花火大会

今日は茅ヶ崎市の花火大会があり、例によって会場ではなく家の近くの海岸で見てきました。
が、そういう怠け者の行動が良くなかったのか、こちらから見ると会場真上に低い雲が立ちこめていて、大玉があがると雲の中に入って全く見えないという事態になっていました。


これはマシな方でしたが、それでも上の花火はわずかしか見えていません。


170805_01


E-M5 MkⅡ+ G X VARIO 35-100mm F2.8(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


この写真を見るとよくわかりますが、雲に覆われていて花火は下の方がわずかに見えるだけです。


170805_02


来年リベンジですかね。


170805_03


2017年7月17日 (月)

残念なのですが

今日、アオバズクの雛を確認しに、先月24日に出かけて所に行って来ました。
しかしながら、どこにもアオバズクの姿は見当たりませんでした。


先月は、こんな感じでいたのですが。


170717


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。先月の写真)


先週までは確かにいたということと、回りをいろいろ探していたら、雛のものと思われるふわふわした羽を地面で見つけたいうことから、羽化した雛が何者かにやられてしまったと考えるしかなさそうです。(カラスかなぁ)


もうこの時期では、また卵を産んでというわけにはいかないでしょうから、親鳥もこの場所を去ったのではないかと思います。(この考えが間違っているとうれしいですが)


このあたりは、自然での出来事ですのでなんともできませんが、やっぱり残念です。

2017年7月 9日 (日)

すずな

昨日我が家にやってきたパグのすずな(♀)。
予想通りだったことやそうでなかったことなどいろいろありましたが、とりあえず昨日から今日にかけてのすず(通常はこの呼び方です)のスナップです。


まだ2ヶ月ですが、もうパグらしい顔つきをしています。


170709_01


E-M1 + MZD 12-40mm F2.8(写真をクリックすると少し大きくなります)


正面から見るとこんな感じ。
子供の頃は目がロンパリ状態です。(この表現は今も生きているのですかね)


170709_02


E-M1 + MZD 12-40mm F2.8(写真をクリックすると少し大きくなります)


今朝、すずが初めて見た我が家の庭。この時は窓を開けて、網戸だけの状態でした。


170709_03


E-M5 MkⅡ+ MZD 25mm F1.8(写真をクリックすると少し大きくなります)


朝の光の中のすず。


170709_04


E-M5 MkⅡ+ MZD 45mm F1.8(写真をクリックすると少し大きくなります)


その1時間半後には、もうこんな風に寝てました。
(ひげを切らないといけませんね)


170709_05


E-M5 MkⅡ+ MZD 30mm F3.5 Macro(写真をクリックすると少し大きくなります)


パピーはちょこまか動きますし、写真を撮るのは大変でした。
レンズもいろいろ使いました。
育てるのも大変ですが、写真を撮るのも難しそうです。

2017年7月 8日 (土)

ということで

子パグを受け取ってきました。
名前は「すずな」で蕪の意味ですが、音の響きが優先でつけられております。
伊東市にある、サンボーイズさんのパグです。


で、そこでも一応顔合わせはしたものの、自宅で改めて顔合わせしたら、こんな感じでした。


170708_01


E-M1 + MZD 12-40mm F2.8(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


さすがにももちの貫禄勝ちという感じでした。


170708_02


それでも、さすがはパグ同士。シンクロしていました(苦笑)
同時に「すず」もかなりの根性の持ち主とわかりました。


170708_03


こういう表情もパグ独特のものなのか、ももちとよく似ていると思います。


170708_04


やっぱり、しばらくは大変そうです。

2017年7月 7日 (金)

前日

明日の午後には、ももちのこんな表情が見られるかもしれません。


170707_01


E-M5 MkⅡ+ MZD 75mm F1.8(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


よろしく頼むよ、ももち。


170707_02


ということで、明日ももちの妹(すごい歳の差ですが)となる子パグを受けとってくる予定です。

2017年7月 1日 (土)

アオバズク(その2)

先週に引き続きアオバズクのその2です。
いろいろな表情を見せてくれましたので、ちょっと無理矢理タイトルをつけながら載せていきます。


【私がアオバズクです!】


170701_01


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


【お控えなすって】


170701_02


【いやいや、そんなことは...(笑)】


170701_03


【昼間はやっぱり眠いっす】


170701_04


【これまでのことはご内密に...m(_ _)m】


170701_05


ということで、お粗末様でした。

2017年6月25日 (日)

アオバズク(その1)

今年もアオバズクのシーズンになり、先週も確認しに行ったのですが見つからず、昨日は2ヶ所探しに出かけ、やっと確認できました。


170625_01


E-M1 MkⅡ + MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


既につがいになっているようでしたので、こちらのアオバズクは雄ということになります。


170625_02


昼間は全く居場所を変えず静かにしている鳥なのですが、昨日はたまたまなのか盛んに鳴いていました。
時々それに呼応するように鳴き声が聞こえました。それが、つがいの雌ではないかと思います。


170625_03


今回のブログでは、普通の表情だけを載せましたが、その2ではいろいろな表情のアオバズクを載せたいと思います。


170625_04


この写真は、構図にちょっと無理があったかな。

2017年6月18日 (日)

ももちのカイロ

今日はももちのカイロの日。
足腰が弱くなり、いろいろ体に無理がきているようで、カイロを行うと確かに調子が良さそうです。


もっともカイロの最中にでる奇声は、聞いてて思わず笑ってしまいます。
写真だけでは伝わらないのが残念です。(苦笑)


170618_01


E-PL7 + MZD 45mm F1.8(写真をクリックすると少し大きくなります。以下3枚目まで同じ)


カイロが始まる前のももち。


170618_02


帰宅後すぐに爆睡するももち。カイロ後は疲れるようです。


170618_03


で、これが4時間後の様子。
まだひたすら寝ています。(苦笑)


170618_04


E-M5 MkⅡ + MZD 75mm F1.8(写真をクリックすると少し大きくなります)


再来月には14歳になる老犬ですので、これぐらいはしかたがないのかと思うのですが、よく考えると私より体の手入れをしている訳で、ちょっと複雑です。

2017年6月10日 (土)

紫陽花など

梅雨入りといいながらも、今日はいい天気でした。
残念ながら所用で出かけることはできませんでしたが、お向かいさんの塀際に小さな紫陽花が少し色をつけてきました。


こんな感じの紫陽花もいいかもしれません。


170610_01


E-M5 + MZD 30mm F3.5 Macro(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


雨とともに色づきが良くなってくるのでしょうか。


170610_02


一方でうちの庭は相変わらず雑草だらけですが、この時期はカタバミの花が咲きます。
一応花壇の中なのですが、特に育てているわけでないので野草です。
ムラサキカタバミですね。


170610_03


こちらは完全に雑草のなかにいるカタバミです。


170610_04


お向かいさんとはかなりの差があるようです(汗)

2017年6月 4日 (日)

いまさらですが、「エルマーのぼうけん」シリーズ

タイトルにあるように本当にいまさらですが、最近以下の三冊を読みました。


 ・エルマーのぼうけん(原題:MY FATHER'S DRAGON)
 ・エルマーとりゅう(原題:ELMER and the DRAGON)
 ・エルマーと16ぴきのりゅう(原題:The DRAGONS of BLUELAND)


170604


E-M1 + MZD 30mm F3.5 Macro(写真をクリックすると少し大きくなります)


読むきっかけは、テレビで「エルマーのぼうけん」が出てきた時に、妻に知らないと言った時に驚かれたことでした。


この本の翻訳版がでたのは1963年。
私は既に6歳ですから微妙な年齢ですが、これ以外の一般的に有名な絵本や童話についてもほとんど読んだことがないのは確かです。


考えてみると、私は子供の時に、絵本をはじめ皆が興味を持つであろう動物や植物などについてほとんど知ることなく、大人になったのでした。
おかげで、中年以降に欠落分を取り戻すように動物や植物について勉強したりしたわけですが、こういうのはやっぱりタイミングがあって、子供の時に経験しておけば人生少しは変わっていたかもと思います。


だんだん残り時間が少なくなってきている人生ですが、今後もこういうことに時間を使うのは必要なんでしょうね。


ちなみに、今回読んだのは講談社英語文庫版ですが、それを選んだのは安かったからです。(簡単な英語で書かれていますし)
2巻目以降はなかなか見つからず、ネットで古本を探す羽目になりましたが。