10 : 野鳥

2018年2月12日 (月)

トラフズク

先月いることを確認したトラフズク、なかなか都合がつかなかったが、今日やっと行くことができました。
5羽確認できたけど、顔を見せてくれたのは3羽のみでした。


この個体が一番見やすいところにいて、また、長い間目を開けてくれていました。


180212_01


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


この個体はなかなか目を開けてくれず、この時だけでした。


180212_02


これはもうずっとこんな感じで動く気配なしでした。


180212_03


風が強く吹き、枝が大きく揺れて光が差し込んだ瞬間に撮れた1枚。
こういうのもいいですね。


180212_04


ここのトラフズクは数年前に一度来なくなり、その後また来てくれるようになった経緯があります。
今年も来てくれてよかったです。

2018年1月28日 (日)

ルリビタキ、カケス(先週の鳥見から)

先週の鳥見はベニマシコが主役でしたが、ルリビタキやカケスなどにも遭遇していました。


もう少しスッキリ撮れれば良かったのですけど仕方ないですね。
こうやって見るとやっぱりルリビタキはかわいいです。


180128_01


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


これなんかはもう少しシャッタスピードが上がればベストだったんですが。


180128_02


別の場所で見かけた色のきれいな個体。これ以上寄らせてもらえませんでした。


180128_03


こちらは珍しく全身を見せてくれたカケス。
なかなか用心深くこのように姿を見せるのは稀です。背景がちょっと残念でした。


180128_04


2018年1月25日 (木)

ベニマシコ(その2)

鳥の姿を観察できる時は、縄張り確保中と食事中が多いように思いますが、ベニマシコは圧倒的に食べている時が多い気がします。


先日もこんなに近くまで来ましたが、


180125_01


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


その後でこんなポーズで一生懸命食べていました。
食べやすいところが少なくなってくるので、こんな風になってしまうのでしょうね。


180125_02


野鳥は一般的に♀の方が♂より大胆なようで、人が近づこうが食べることをやめないことが時々ありますね。
この写真ではそうはなっていませんが。


180125_03


2018年1月24日 (水)

ベニマシコ(その1)

先日の日曜日に久しぶりに山に鳥を見に行ってきました。
前回は12月10日に行ってルリビタキを堪能したわけですが、今回はそのときあまり会えなかったベニマシコを目指して行ったところ、これまた大当たりでした。


♂の赤がきれいな個体に遭遇できました。


180124_01


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


♀は地味なんですが、とてもかわいいです。


180124_02


時間が経つにつれ日差しが強くなり、日差しをあびた♂の赤色が輝いて見て、素晴らしかったです。


180124_03


アップした写真以外にもいいのがあったので、次回に続きます。

2017年12月10日 (日)

ルリビタキ

今シーズン初めて山に入って鳥見をしてきました。
ジョウビタキやウソなども見かけましたが、今日はルリビタキの日でした。


結構近くで撮らせてくれました。


171210_01


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


大きな木の実を咥えてうれしそうな表情です。


171210_02


何か警戒して上を見ていました。


171210_03


普通のポーズですが。


171210_04


この個体はかなり囀りながら移動していました。
縄張り確保に忙しいのでしょうか。


171210_05


久しぶりに5時起きして1時間半ほど車を走らせて行ってきましたが、それに見合う成果はあったと思います。
次はいつ行けるかわかりませんが、ウソや今回確認できなかったベニマシコなどをしっかりと見たいですね。

2017年11月29日 (水)

鳥見(またまた久しぶりです...)

11月も末になってやっと鳥見です。それも近場の川で1時間のみ。
しかし、行かないよりはずっといいわけで、それなりに鳥さんもいたので良しとしないといけないところです。


まずは冬鳥の状況を確認したわけですが、この川では常連のコガモとヒドリガモを見ることができました。
まずはコガモ。


171129_01


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


こちらはヒドリガモ。


171129_02


それ以外では、久しぶりな気がするホオジロ。
コンクリートの構造物の日陰になっている場所にいました。


171129_03


そしてカワセミ。
例によって遠くにいるので大きくトリミングしていますが、このブルーは本当にきれいだと思います。


171129_04


ということで、来月こそはまともに冬鳥を探しに山に行きたいです。

2017年11月13日 (月)

ジョウビタキ!

今朝早く、聞き覚えのある鳴き声が聞こえてきたので回りを見渡してみると、家の近くの電線にとまっているジョウビタキ(♂)を見つけました。


日が昇るかどうかという時間の上、曇天逆光という悪条件でしたので写りはもうひとつですが、何はともあれ今季初ジョウビタキです。(大きくトリミングしてあります)


171113


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります)


早く鳥見に行きたくなりました。

2017年10月 1日 (日)

先週に引き続き鳥見

2週連続の鳥見は久しぶりで、調べて見たら前回は15年でした(汗)
今回も先週と同じ場所で、なんとかコサメビタキを鮮明に撮りたいものだと思って出かけたのですが、結局2、3回ぐらいしか見ることができませんでした。おかげでシャッターチャンスはほとんどなく、さらに難しい場所にいました。


そのわずかなチャンスで撮ったのがこれです。(大トリミングしてます)


171001_01


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


今日はエゾビタキもあまり見かけませんでした。1羽、2羽という感じです。
それでも今日は天気が良く、バックはきれいな青空となりました。


171001_02


林の中でも日の当たる場所にいてくれてラッキーでした。


171001_03


これらの鳥が見られるのは来週ぐらいまでと思いますので、数は少なくとも見ることができて良かったと思わないといけないですね。


171001_04


そういえば、今日はツバメをたくさん見かけました。
いよいよツバメも渡るのでしょうかねぇ。

2017年9月25日 (月)

昨日の鳥見から

昨日の鳥見は、エゾビタキ、コサメビタキ狙いでしたが、それ以外の鳥でいい感じに撮れた写真がありましたので、少しだけアップします。


まずは、エナガ。
近くにきてくれました。


170925_01


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


もう一枚は少し離れた場所にとまったモズです。


170925_02


エナガの動に対して、モズの静でしょうかね。

2017年9月24日 (日)

渡りの季節

早いもので9月もあとわずか。鳥の世界では渡りの季節です。
鳥見もすっかりご無沙汰していたので、なんとか見たいものだと思い、今日出かけてきました。
鷹の渡りは有名ですが、小さな野鳥の渡りもいろいろあり、今日はコサメビタキ(夏鳥)とエゾビタキ(旅鳥)を目指しました。


で、エゾビタキはそれなりにいて楽しませてくれました。
とはいえ、久しぶりにの鳥見でしたので撮影の腕がすっかり落ちていて、写真の方はいまいちでした。
とりあえず、こんな感じです。


170924_01


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


林の奥の方の暗い場所にいて、なかなか難しいです。


170924_02


明るい所にいればいたで、これももうひとつうまくおさまらなかったです。


170924_03


もうひとつの目標でしたコサメビタキはなかなか姿を現してくれず、証拠写真程度がやっとでした。


170924_04


写真はもうひとつでも鳥を見ていると楽しかったです。
これから鳥見にはいい時期になりますので、できるだけ出かけたいものです。

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト
無料ブログはココログ