10 : 野鳥

2017年7月17日 (月)

残念なのですが

今日、アオバズクの雛を確認しに、先月24日に出かけて所に行って来ました。
しかしながら、どこにもアオバズクの姿は見当たりませんでした。


先月は、こんな感じでいたのですが。


170717


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。先月の写真)


先週までは確かにいたということと、回りをいろいろ探していたら、雛のものと思われるふわふわした羽を地面で見つけたいうことから、羽化した雛が何者かにやられてしまったと考えるしかなさそうです。(カラスかなぁ)


もうこの時期では、また卵を産んでというわけにはいかないでしょうから、親鳥もこの場所を去ったのではないかと思います。(この考えが間違っているとうれしいですが)


このあたりは、自然での出来事ですのでなんともできませんが、やっぱり残念です。

2017年7月 1日 (土)

アオバズク(その2)

先週に引き続きアオバズクのその2です。
いろいろな表情を見せてくれましたので、ちょっと無理矢理タイトルをつけながら載せていきます。


【私がアオバズクです!】


170701_01


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


【お控えなすって】


170701_02


【いやいや、そんなことは...(笑)】


170701_03


【昼間はやっぱり眠いっす】


170701_04


【これまでのことはご内密に...m(_ _)m】


170701_05


ということで、お粗末様でした。

2017年6月25日 (日)

アオバズク(その1)

今年もアオバズクのシーズンになり、先週も確認しに行ったのですが見つからず、昨日は2ヶ所探しに出かけ、やっと確認できました。


170625_01


E-M1 MkⅡ + MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


既につがいになっているようでしたので、こちらのアオバズクは雄ということになります。


170625_02


昼間は全く居場所を変えず静かにしている鳥なのですが、昨日はたまたまなのか盛んに鳴いていました。
時々それに呼応するように鳴き声が聞こえました。それが、つがいの雌ではないかと思います。


170625_03


今回のブログでは、普通の表情だけを載せましたが、その2ではいろいろな表情のアオバズクを載せたいと思います。


170625_04


この写真は、構図にちょっと無理があったかな。

2017年5月22日 (月)

ついでの鳥探し

モンターニャさんのドッグランでももちを遊ばせていた時、回りからはいろいろな鳥の声が聞こえてきました。
鳴き声だけの判断ですが、キビタキ、オオルリ、ウグイス、ヤブサメ、シジュウカラやヤマガラなどはいたと思います。
ということで、ももちのドッグランが終わった5時くらいから30分ほど鳥を探してみました。


時間がなかったので、一番わかりやすく鳴いているキビタキを探してみたところ、ペンションから100mぐらい離れた場所で見つかりました。


170522_01


E-M1 M2 + MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


盛んに囀っているところ。


170522_02


さすがに5時を過ぎているので明るさが足りずISOは3200になっていましたが、明るさを補正したらそこそこ見られる写真になりました。


170522_03


来るたびに、ここでじっくり時間をかけて鳥を探したいなと思うのですが、ももちがメインなのでさすがにダメですね。

2017年5月 6日 (土)

キビタキ

前回撮れなかったキビタキ。
今日がんばってきました。


絵的にはこんな感じでいいと思うのですが。


170506_01


E-M1 M2 + MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


ついつい、これぐらいの大きさをと思い、トリミングしてしまいます。


170506_02


この個体はとてもきれいで、盛んに囀っていました。


170506_03


キビタキは、名前にもあるように黄色が目立つのですが、個人的にはこのきれいな黒が好きです。


170506_04


最初に書いたように、今日はなんとかキビタキを撮りたくて、結局6時間ほど粘りました。
今の体力を考えると限界を超えていますね。明日以降反動が来そうです(^_^;)

2017年4月29日 (土)

オオルリ!

体はボロボロですが、夏鳥がやってくる時期なので、オオルリとキビタキに会いに今日鳥見に行って来ました。
さすがに鳥たちも着いたばかりで縄張り争いの真っ最中らしく、盛んに囀っていました。


170429_01


E-M1 M2 + MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


残念なのは私の腕が鈍っていることで、キビタキもいたのにオオルリしか撮れませんでした。
でもまぁ、鳥を見に出かけて歩き回っているだけで、心はリフレッシュされました。


170429_02


GW中にはもう一度出かけて、キビタキも撮りたいと思います。


170429_03


2017年3月19日 (日)

鳥見

冬鳥のシーズンはほぼ終わりですが、今年も結局まともに見に行けず、残念なシーズンとなってしまいました(泣)


それでも今日少し時間がとれたので、近場に鳥見に行って来ました。


地味ながら好きな冬鳥のツグミです。
この写真はHPの表紙写真にも使いましたが、冬鳥のツグミが春の草のヒメオドリコソウやホトケノザに囲まれ、明るく取れたところが気に入っています。


170319_01


E-M1 M2 + MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


新機材の練習にと、トビで飛びものを撮った1枚です。
飛びものはなかなか難しくて、この写真ももうひとつですが、結構羽がぼろぼろでトビも厳しい環境のなかで生きているんだとわかって、少しは意義があったかなと思ったものです。


170319_02


これは偶然取れた写真です。コガモがばたばたしているのに、すぐそばにいるヒドリガモは全然気にしていません。


170319_03


目つきの悪いオオバン。
今日は異常にたくさんいました。


170319_04


最後は、なかなかかわいく取れないカワラヒワが、それなりに撮れた1枚です。
目の前にある花を食べてました。


170319_05


たいした写真は撮れませんでしたが、気分転換にはなったと思います。
(たった2時間の鳥見で疲れてしまって、体力の衰えをしっかり感じてしまいましたが)

2017年2月 4日 (土)

古いお札を納めた後、ちょっと鳥見

今日は定例の病院通いで、その後先月初詣に行った時に持って行くのを忘れた古いお札を納めに寒川神社に寄ってから、もう一足伸ばしてトラフズクを探してきました。


今日もまじめに参拝したおかげなのか、トラフズクはいてくれました。


170204_01


E-M1 + MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


しかし、トラフズクがいた木はしっかり葉が茂っていて、クリアな写真はほとんど撮れませんでした。


170204_02


これなんかも、左目のあたりに手前の枝が影のように入っていて残念でした。


170204_03


これは目の周りは何とか障害物なしで撮れたのですが、後ろの赤い葉が頭上に変な感じで写ってしまいました。


170204_04


とはいえ、今シーズン初めて行って確認できたので、感謝すべきでしょうね。


そういえば、トラフズクを探しに行ったのですが、カワセミとジョウビタキも姿を見せてくれましたので、やっぱり寒川神社の御利益でしょうか。


170204_05


感謝。


170204_06


2017年1月22日 (日)

散歩程度の鳥見だったのですが

昨日散歩を兼ねて近場で鳥見に行ってきました。
遅い時間での鳥見で、せいぜい1時間半程度だったのですが、左ひざや右手上腕まで痛くなってしまいました(涙)
どれだけ体力が低下しているのか...。


それでも、鳥見には行ってきたという証拠写真を何枚か。


オオバンが異常にたくさんいて、川の中だけでなく、川岸までこんな感じでした。
場所取りで対決、という感じで面白かったです。


170121_01


E-M1 M2 + MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


そんな中、一人優雅にダイサギが歩いていました。


170121_02


モズもいろいろな場所で見かけました。
逆光を生かして、光あふれる暖かそうな感じで撮ってみようとしたのですが、出来上がりを見るともう一つですね。


170121_03


アオジは久しぶりに撮ったような気がします。そこらじゅうで鳴いてはいるのですが。


170121_04


こちらもたくさんいたヒドリガモ。意外とかわいい表情です。


170121_05


最後は見かけてもなかなか写さないカワウです。
被写体としてもう一歩なんですが、今回は見上げる構図で撮ったら、ペンギンを連想させるところがあり、珍しくアップしました。


170121_06


2016年12月31日 (土)

2016年

2016年も今日でお終いですが、この1年を振り返ってみると、なにかひたすら仕事が忙しく、余裕のない1年でした。
おかげで鳥見の回数は激減して、2002年に野鳥観察日記のHPを作ってから初めて、年間で1桁の9回で終わってしまいました(涙)
来年は最低1回/月のペースを守りたいものです。


ということで、今年最後にアップするのは、来年の鳥見の復活を願ってルリビタキの写真にします。


結構お気に入りの構図です。


161231_01


E-M1 M2 + MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


ふわふわ感が良いです。


161231_02


とても普通ですが。


161231_03


シンプルなバックで撮れたので。


161231_04


最後は、ガンを飛ばされた1枚。


161231_05


今年1年どうもありがとうございました。

より以前の記事一覧