60 : スナップ

2017年12月 4日 (月)

12月ですね

この光景が見られるようになると、もう12月ですね。


171204


E-M5 MkⅡ+ MZD 75mm F1.8(写真をクリックすると少し大きくなります)


年々早く来るようになっていると思うのは気のせい?

2017年11月24日 (金)

滑り込みで、運慶展

今日は会社が休みだったので、26日で終わる運慶展@東京国立博物館に行って来ました。


171124_01


E-P5 + MZD 17mm F1.8(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


個人的には、運慶の作品は毘沙門天とか不動明王など動きのある仏像がいいのではないかと思った次第です。


さすがに人気の展覧会だけあって人が多く、入るときは50分待ちでしたが、出たときに改めて確認すると60分待ちとなっていました。


171124_02


公園内は紅葉(黄葉も)が美しく、今更ながらですが、紅葉の季節だと気づかされました。


171124_03


危うくこの時期を気づかずに過ごしてしまうところでした。


171124_04


2017年11月12日 (日)

きっかけになるか?

このところ精神的に低調で、うだうだと過ごしてきました。
今日の昼食はちょっと奮発してこんなのでしたが、復活のきっかけにならないでしょうかねぇ?


171112


α7Ⅱ + MC ROKKOR-PF 55mmF1.7(写真をクリックすると少し大きくなります)


ちなみにヒレカツとカキフライ(今季お初)です(^_^;)

2017年10月 5日 (木)

祭りの後

レンズのテストにと思って神社に出かけたら、例大祭の後片付けをしていました。
ちょうどいい被写体と思い撮ってみました。


レンズは先日手に入れた古いROKKORの55mmです。
絞り開放(F1.7)とワンクリック絞った(F2.8)で撮ったもので、大体同じ絵になるようにしてみました。


まずは絞り開放。


171005_01


α7Ⅱ + MC ROKKOR-PF 55mmF1.7(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


こちらが、ほぼ一段絞った(F2.8)ものです。


171005_02


絞った方がくっきり写っています。しかし、絞り開放の方も焦点を合わせたところはキッチリと解像しています。
縮小した画像ではわかりづらいですが、絞り開放の方がいい感じです。


もうひとつのサンプル。
やはりはじめが絞り開放で、2枚目がほぼ一段絞った(F2.8)ものです。


171005_03


171005_04


いずれもピントは手前から2列目の提灯にあわせてあります。
こちらも傾向は前のサンプルと同じです。


こういう感じの構図では、少し絞ったものもいい感じですが、どちらを取るかは好みでしょうか。


いずれにせよ、本で進めていた通り、いいレンズと思います。

2017年9月30日 (土)

MC ROKKOR-PF 55mmF1.7

オールドレンズの本を読んでいたら、最初の1本に最適と紹介されていたレンズです。
その次のページでOMの50mmF1.8を紹介していたこともあり興味を持ち、ヤフオクでちょっと探したら、2千円ちょっとで出ていたので、ものは試しと落としてみました。


40年ぐらい前のレンズだと思います。前玉にたくさんの拭き傷がありましたが、それ以外は比較的まともでした。
早速試し撮りです。


170930_01


α7Ⅱ + MC ROKKOR-PF 55mmF1.7(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


一応無限遠も出ますし、それなりに写ります。


開放で最短撮影距離です。比較するために、中心部分だけをトリミングしてあります。
微妙ににじんでふわっとしてますが、破綻はしていませんし、ちゃんと解像してます。


170930_02


同じ距離から、一段絞ってF2.8での撮影。ぐっとしまってきます。


170930_03


本に書いてあったとおり、暖かい感じで且つスッキリした写真が撮れそうです。
いい感じのレンズです。買った値段を考えると充分過ぎる写りです。
ただ、強い太陽光の下で撮ったらどうなるかわかりませんので、もう少し試してみる必要がありますね。

2017年9月10日 (日)

HEXANON AR 40mm F1.8

先日中古のα7Ⅱを手に入れて、やっと手持ちのオールドレンズも本来の画角で使えるようになり、このところいろいろ試しています。


標題のコニカの古いマニュアルフォーカスレンズもその一つで、1昨年ヤフオクでカメラとセットで数千円(当然ジャンク)という値段で手に入れ、自分で分解整備したものです。(残念ながらボディは手に負えず捨ててしまいました)
このレンズは使いやすい画角の上、そこそこ写るので、結構気に入っています。


3週間前にやはりオールドレンズを持ち出して写真を撮ったのですが、天気が悪くもうひとつだったので、リベンジと相成りました。


江ノ電に乗って鶴岡八幡宮です。


段葛から鳥居越しに本宮を見たところです。


170910_01


α7Ⅱ + HEXANON AR 40mm F1.8(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


舞殿では結婚式が行われていました。


170910_02


華やかな場所もいいのですが、こういう感じの空間が好きです。


170910_03


この後また江ノ電に乗って、七里ヶ浜駅で降り、いよいよ前回のリベンジです。
やっぱり晴れていると江ノ島のきれいに見えますね。


170910_04


波は見ていて飽きません。


170910_05


寄せては引く波はいろいろな表情があって面白いです。


170910_06


ということで、写真の出来は別にして、気持ちのいい時間を過ごせました。

2017年8月19日 (土)

江ノ島と江ノ電

このところ天気が悪い日が続き家にいることが多かったので、ちょっと気晴らしに江ノ電に乗って少しだけ旅行気分を味わってきました。(残念ながらこの日も天気には恵まれず、写真はもうひとつでした)


鎌倉高校前で江ノ電を降り、そこから江ノ島方向に歩いてみました。
これは、134号線から小動神社のある小さな岬と江ノ島を見たものです。
全然夏らしくない色彩ですけど、こればかりはしかたがないですね。レンズは相変わらずOMのオールドレンズです。
左の海上にある赤い人影は、多分SUP(スタンドアップパドルボード)をしている人だと思います。


170819_01


E-M1 MkⅡ + Lens Turbo + ZUIKO AUTO-W 28mm F2.8(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


この写真は、上の写真の左側を撮ったものですが、これではもうどこかわかりませんね(苦笑)


170819_02


134号線沿いを歩いていると横は江ノ電が走っていますから、こんな光景にも出くわします。


170819_03


江ノ電はホントに狭いところを走っていますよね。
これは腰越駅そば(左手が駅)の光景です。


170819_04


通過した後はこんな感じです。踏切がないと電車が通る場所という気がしませんね。


170819_05


なつかしの路面電車を思い出します。
場所は違いますが、私は高校の途中まで路面電車(市電)で通っていました。


170819_06


こんなのもあって面白かったです。


170819_07


結局、江ノ島駅まで歩いてそこから江ノ電に乗って帰って来ました。
もっといい天気の時にまた行きたいです。

2017年8月13日 (日)

久しぶりにフラフラと写真撮り

先週のことですが、久しぶりにカメラを持ってフラフラと近所を歩いてみました。
この時期暑いですから日陰のある場所を求めて、近所にある中央公園などに行ってみました。
こういう時はカメラに古いマニュアルレンズをつけて、ピントあわせに苦労しながら写真を撮りたくなるので、レンズは懐かしのOMレンズを3本持って出かけました。


こんな感じの公園です。


170813_01


E-M1 MkⅡ + Lens Turbo + ZUIKO AUTO-W 24mm F2.8(写真をクリックすると少し大きくなります。以下3枚目まで同じ)


暑いのに子供たちは元気です。


170813_02


子供だけかと思ったら、元気な大人もいました(汗)


170813_03


いつの間にかトンボが飛ぶ時期になっていたのですね。
全然気がついていませんでした。


170813_04


E-M1 MkⅡ + Lens Turbo + ZUIKO AUTO-T 85mm F2.0(写真をクリックすると少し大きくなります。次の写真も同じ)


結構羽が痛んでいる個体もいました。


170813_05


最後はバス停の前にある教会の屋根と空です。


170813_06


E-M1 MkⅡ + Lens Turbo + ZUIKO AUTO-W 35mm F2.8(写真をクリックすると少し大きくなります)


こんな感じで、時間を気にせず、だらだらと写真を撮っていたいですが、なかなかできませんね。

2017年8月 5日 (土)

サザンビーチちがさき花火大会

今日は茅ヶ崎市の花火大会があり、例によって会場ではなく家の近くの海岸で見てきました。
が、そういう怠け者の行動が良くなかったのか、こちらから見ると会場真上に低い雲が立ちこめていて、大玉があがると雲の中に入って全く見えないという事態になっていました。


これはマシな方でしたが、それでも上の花火はわずかしか見えていません。


170805_01


E-M5 MkⅡ+ G X VARIO 35-100mm F2.8(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


この写真を見るとよくわかりますが、雲に覆われていて花火は下の方がわずかに見えるだけです。


170805_02


来年リベンジですかね。


170805_03


2017年6月 4日 (日)

いまさらですが、「エルマーのぼうけん」シリーズ

タイトルにあるように本当にいまさらですが、最近以下の三冊を読みました。


 ・エルマーのぼうけん(原題:MY FATHER'S DRAGON)
 ・エルマーとりゅう(原題:ELMER and the DRAGON)
 ・エルマーと16ぴきのりゅう(原題:The DRAGONS of BLUELAND)


170604


E-M1 + MZD 30mm F3.5 Macro(写真をクリックすると少し大きくなります)


読むきっかけは、テレビで「エルマーのぼうけん」が出てきた時に、妻に知らないと言った時に驚かれたことでした。


この本の翻訳版がでたのは1963年。
私は既に6歳ですから微妙な年齢ですが、これ以外の一般的に有名な絵本や童話についてもほとんど読んだことがないのは確かです。


考えてみると、私は子供の時に、絵本をはじめ皆が興味を持つであろう動物や植物などについてほとんど知ることなく、大人になったのでした。
おかげで、中年以降に欠落分を取り戻すように動物や植物について勉強したりしたわけですが、こういうのはやっぱりタイミングがあって、子供の時に経験しておけば人生少しは変わっていたかもと思います。


だんだん残り時間が少なくなってきている人生ですが、今後もこういうことに時間を使うのは必要なんでしょうね。


ちなみに、今回読んだのは講談社英語文庫版ですが、それを選んだのは安かったからです。(簡単な英語で書かれていますし)
2巻目以降はなかなか見つからず、ネットで古本を探す羽目になりましたが。

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ