50 : 他被写体

2017年8月19日 (土)

江ノ島と江ノ電

このところ天気が悪い日が続き家にいることが多かったので、ちょっと気晴らしに江ノ電に乗って少しだけ旅行気分を味わってきました。(残念ながらこの日も天気には恵まれず、写真はもうひとつでした)


鎌倉高校前で江ノ電を降り、そこから江ノ島方向に歩いてみました。
これは、134号線から小動神社のある小さな岬と江ノ島を見たものです。
全然夏らしくない色彩ですけど、こればかりはしかたがないですね。レンズは相変わらずOMのオールドレンズです。
左の海上にある赤い人影は、多分SUP(スタンドアップパドルボード)をしている人だと思います。


170819_01


E-M1 MkⅡ + Lens Turbo + ZUIKO AUTO-W 28mm F2.8(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


この写真は、上の写真の左側を撮ったものですが、これではもうどこかわかりませんね(苦笑)


170819_02


134号線沿いを歩いていると横は江ノ電が走っていますから、こんな光景にも出くわします。


170819_03


江ノ電はホントに狭いところを走っていますよね。
これは腰越駅そば(左手が駅)の光景です。


170819_04


通過した後はこんな感じです。踏切がないと電車が通る場所という気がしませんね。


170819_05


なつかしの路面電車を思い出します。
場所は違いますが、私は高校の途中まで路面電車(市電)で通っていました。


170819_06


こんなのもあって面白かったです。


170819_07


結局、江ノ島駅まで歩いてそこから江ノ電に乗って帰って来ました。
もっといい天気の時にまた行きたいです。

2017年8月13日 (日)

久しぶりにフラフラと写真撮り

先週のことですが、久しぶりにカメラを持ってフラフラと近所を歩いてみました。
この時期暑いですから日陰のある場所を求めて、近所にある中央公園などに行ってみました。
こういう時はカメラに古いマニュアルレンズをつけて、ピントあわせに苦労しながら写真を撮りたくなるので、レンズは懐かしのOMレンズを3本持って出かけました。


こんな感じの公園です。


170813_01


E-M1 MkⅡ + Lens Turbo + ZUIKO AUTO-W 24mm F2.8(写真をクリックすると少し大きくなります。以下3枚目まで同じ)


暑いのに子供たちは元気です。


170813_02


子供だけかと思ったら、元気な大人もいました(汗)


170813_03


いつの間にかトンボが飛ぶ時期になっていたのですね。
全然気がついていませんでした。


170813_04


E-M1 MkⅡ + Lens Turbo + ZUIKO AUTO-T 85mm F2.0(写真をクリックすると少し大きくなります。次の写真も同じ)


結構羽が痛んでいる個体もいました。


170813_05


最後はバス停の前にある教会の屋根と空です。


170813_06


E-M1 MkⅡ + Lens Turbo + ZUIKO AUTO-W 35mm F2.8(写真をクリックすると少し大きくなります)


こんな感じで、時間を気にせず、だらだらと写真を撮っていたいですが、なかなかできませんね。

2017年8月 5日 (土)

サザンビーチちがさき花火大会

今日は茅ヶ崎市の花火大会があり、例によって会場ではなく家の近くの海岸で見てきました。
が、そういう怠け者の行動が良くなかったのか、こちらから見ると会場真上に低い雲が立ちこめていて、大玉があがると雲の中に入って全く見えないという事態になっていました。


これはマシな方でしたが、それでも上の花火はわずかしか見えていません。


170805_01


E-M5 MkⅡ+ G X VARIO 35-100mm F2.8(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


この写真を見るとよくわかりますが、雲に覆われていて花火は下の方がわずかに見えるだけです。


170805_02


来年リベンジですかね。


170805_03


2017年6月 4日 (日)

いまさらですが、「エルマーのぼうけん」シリーズ

タイトルにあるように本当にいまさらですが、最近以下の三冊を読みました。


 ・エルマーのぼうけん(原題:MY FATHER'S DRAGON)
 ・エルマーとりゅう(原題:ELMER and the DRAGON)
 ・エルマーと16ぴきのりゅう(原題:The DRAGONS of BLUELAND)


170604


E-M1 + MZD 30mm F3.5 Macro(写真をクリックすると少し大きくなります)


読むきっかけは、テレビで「エルマーのぼうけん」が出てきた時に、妻に知らないと言った時に驚かれたことでした。


この本の翻訳版がでたのは1963年。
私は既に6歳ですから微妙な年齢ですが、これ以外の一般的に有名な絵本や童話についてもほとんど読んだことがないのは確かです。


考えてみると、私は子供の時に、絵本をはじめ皆が興味を持つであろう動物や植物などについてほとんど知ることなく、大人になったのでした。
おかげで、中年以降に欠落分を取り戻すように動物や植物について勉強したりしたわけですが、こういうのはやっぱりタイミングがあって、子供の時に経験しておけば人生少しは変わっていたかもと思います。


だんだん残り時間が少なくなってきている人生ですが、今後もこういうことに時間を使うのは必要なんでしょうね。


ちなみに、今回読んだのは講談社英語文庫版ですが、それを選んだのは安かったからです。(簡単な英語で書かれていますし)
2巻目以降はなかなか見つからず、ネットで古本を探す羽目になりましたが。

2017年4月23日 (日)

ミュシャ展

スラブ叙事詩を見るために、国立新美術館で開催されているミュシャ展に行って来ました。
TV番組で事前に見てから行ったのですが、有名な彼のポスターでの印象とはまるで違っていて、そのスケールに圧倒されました。


三室めに展示してある作品は撮影することができました。貴重な機会でしたのでがんばって撮ってきました。
ちなみに、ここに展示されていたのは、15、17、18、19、20番目の5枚ですが、ちゃんと撮れたのは4枚だけですが。
なにせ、ひとが多くてなかなかうまく撮れなかったもので...。

また、あまりにも作品が大きいのでどうしても見上げる構図となり、ちょっとずるいですがデジタル補正をかけて正面から見たように修正をしました。


まずは20番めの作品(最後の作品)である「スラブ民族の賛歌」です。(作品名は会場でもらったパンフレットに従っています)
民族独立がテーマのようです。


170423_01


E-M5 + MZD 17mm F1.8(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


スラブ叙事詩全体に言えることですが、背景を知っていないとその意味がよくわかりません。当然のことながら私もよく知らないので、絵の横の解説を頼りに見ました。


次は17番めの作品である「聖アトス山」。
やっぱり宗教は重要なテーマなんですね。


170423_02


これは15番めの「イヴァンチツェの兄弟団学校」。
これも宗教関連ですが、初めてチェコ語で印刷された聖書がテーマのようです。


170423_03


最後は、19番目の「ロシアの農奴制廃止」です。
ちょっとスラブ叙事詩との関係性が薄いような気がしますが、スラブ叙事詩制作の援助者が希望したテーマということでした。


170423_04


まぁ、背景をよく知らない人間がそこに表そうとした内容をコメントするのはおこがましいのでパスですが、絵の描き方という意味ではとても有意義でした。
全てキャンバスにテンペラ、油彩で描いたもので、色の置き方やタッチなど勉強になりました。私のレベルでの話なので、程度はかなり低いですが。
う~ん、それでもやっぱり定年後(再雇用となりますが)は、時間を確保して絵を復活させたいです。

2017年4月18日 (火)

先月のことですが

なかなかブログにあげられなかったのですが、先月益子に行って来ました。
単身赴任先から近いので何回か行った所です。
たくさんお店があり、一通り見るのですけど、焼き物を買うのは結局同じお店になりましたね。自分の好みに合ったものが置いてあるということでしょうか。


それはさておき、こんな感じの窯元があったりします。
先月のことなのでちょっと季節感が合わないですが、たき火が意外といい感じでした。


170418_01


E-M5 + MZD 14-42mm F3.5-5.6 EZ(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


反対側から見ると、向こう側に登り窯用と思われる薪が積んであります。


170418_02


1枚目の写真で少しだけ見えていた登り窯。
確か前回来たときも写真を撮ったような...。


170418_03


こちらは濱田庄司記念益子参考館の前にある登り窯を正面から撮ったもの。
なんか面白い形です。


170418_04


昼食をとったお店の庭にも、こんな感じで、焼き物になる前のものが置いてあったりします。
こういうのを見ると焼き物の町という気がしますね。


170418_05


今月転勤となったので、今後行く機会は少なくなると思いますが、時には行きたい場所です。

2017年2月19日 (日)

「モーニング」

学生時代まで名古屋に住んでいて、当時喫茶店で午前中にコーヒーを頼むと「モーニング」と称してトーストとゆで卵などがついてくるのが普通と思っていました。
就職してから関西、関東各地を転々とするわけですが、そこで「モーニング」なるものは名古屋地区だけのものと分かった記憶があります。


昨日は久しぶりの中学時代の友人たちとの飲み会で、今は名古屋に実家もなくホテルに泊まりました。
朝食なしでの泊りだったので、朝食を喫茶店でと思い、近くの喫茶店に入ったところ、メニューに「モーニング」とあり、つい頼んでしまいました。


それがこれです。


170219


XZ-1(写真をクリックすると少し大きくなります)


これで400円なんですよねぇ。


食べながら、あ~名古屋に来たんだという実感がわきました(苦笑)

2017年2月11日 (土)

先週の寒川神社

先週通院後にお札を納めに寄った寒川神社ですが、初詣の時に飾られてい「迎春ねぶた」が取り外されてちょうど境内においてありました。
間近で見るとなかなかの迫力でした。


170211_01


E-M1 + MZD 30mm F3.5 Macro(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


帰り際こんな光景にも遭遇しました。


170211_02


2月になっていたためか、さすがに参拝者も少なかったです。


170211_03


久しぶりにHP「ムーンライトの野鳥観察日記」を更新しました。
このHPも地味に続けていますが、11月には15周年を迎えます。良く続いていると自分でも思います。

2017年1月 9日 (月)

本日の昼食

近所の濱田屋さんでちょっと贅沢に昼食。
丁寧なつくりがいいのかな。


170109_01


XZ-1(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


ついつい追加してしまった(^-^;


170109_02


2017年1月 8日 (日)

初詣

例年1月2、3日と名古屋に行っていることもあり大須観音か萬松寺で初詣はしていますが、お札を頂いたりするのは寒川神社で、今日初詣に行って来ました。


既に1月も8日になっているにもかかわらず本殿前はまだこんな感じでした。
相模国一之宮ということもあり、駐車場待ちしている車のナンバーを見ると横浜はもちろん品川ナンバーもあったり、結構遠くの方も参拝に来ているようです。


170108_01


XZ-1(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


神門には例年「迎春ねぶた」が掲げられていて、今年は「稲羽の素菟」(いなばのしろうさぎ)でした。


170108_02


アップの図。
内部にはLEDなどが入っていて、日没後は点灯しているようですが、残念ながらまだ点灯したところは見たことがないです。


170108_03


新春らしい写真を最後に。
顔が写らないようなアングルで撮れず、残念ですがモザイクを入れています。


170108_04


ということで、今年も無事初詣を済ませることができました。

より以前の記事一覧