2017年9月12日 (火)

ZUIKO AUTO-T 85mm F2.0

とても好きなのに本来の画角で使えなくて残念に思っていたレンズです。
α7を導入したことにより、本来の85mmとして使えるようになりました。
ホント、うれしい限りです。


さて、今回の被写体はうちのパグsです。


まず先住犬のももち。
こうやって写っているとかわいい顔をしています。


170912_01


α7Ⅱ + ZUIKO AUTO-T 85mm F2.0(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


一方こちらは新参者のすず。
まだ4ヶ月の成長過程の顔です。もう眠たいのに無理矢理起きていますという表情です。


170912_02


で、どちらも寝てしまいました。
ももの寝ている図です。
顔が潰れていますが、普通に寝ています。


170912_03


一方のすず。
ひどい格好で寝ています。苦しくないのかと思いますが、特に問題はないようです。


170912_04


このレンズは今後もっと使っていきたいですね。

2017年9月11日 (月)

HEXANON 57mm F1.4

これもまた古いコニカのレンズです。
ARマウントなので「AR」の標記があってもおかしくないのですが、記載されていないレンズです。

2年ほど前に、例によってヤフオクで数千円で購入したものです。
このレンズはそれなりだったので、特に分解整備することもなく、そのまま使っています。


昔の標準レンズは50mmでないものも多かったようで、これもその一つです。
確か開放(もしかすると半段絞ったかも)で撮った1枚ですが、ほんわり柔らかくいい感じに写っています。


170911_01


α7Ⅱ + HEXANON 57mm F1.4(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


こちらは、1段か2段絞って撮った上で、最短距離で撮ったと記憶しています。
花びらにピントを合わせて撮りましたが、意外と解像しています。


170911_02


手でピントを合わせ、時間をかけて撮るのも、いいものですね。

2017年9月10日 (日)

HEXANON AR 40mm F1.8

先日中古のα7Ⅱを手に入れて、やっと手持ちのオールドレンズも本来の画角で使えるようになり、このところいろいろ試しています。


標題のコニカの古いマニュアルフォーカスレンズもその一つで、1昨年ヤフオクでカメラとセットで数千円(当然ジャンク)という値段で手に入れ、自分で分解整備したものです。(残念ながらボディは手に負えず捨ててしまいました)
このレンズは使いやすい画角の上、そこそこ写るので、結構気に入っています。


3週間前にやはりオールドレンズを持ち出して写真を撮ったのですが、天気が悪くもうひとつだったので、リベンジと相成りました。


江ノ電に乗って鶴岡八幡宮です。


段葛から鳥居越しに本宮を見たところです。


170910_01


α7Ⅱ + HEXANON AR 40mm F1.8(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


舞殿では結婚式が行われていました。


170910_02


華やかな場所もいいのですが、こういう感じの空間が好きです。


170910_03


この後また江ノ電に乗って、七里ヶ浜駅で降り、いよいよ前回のリベンジです。
やっぱり晴れていると江ノ島のきれいに見えますね。


170910_04


波は見ていて飽きません。


170910_05


寄せては引く波はいろいろな表情があって面白いです。


170910_06


ということで、写真の出来は別にして、気持ちのいい時間を過ごせました。

«ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4