2018年6月24日 (日)

50mm マクロvs標準

180624_01


α7Ⅱ + LM-EA7 + Super-Multi-Coated MACRO-TAKUMAR 50mm F4(写真をクリックすると少し大きくなります)


雨の中の紫陽花を撮りたいと思って、昨日雨の中、50mmのマクロと標準レンズで少しだけ写真を撮りましたが、撮っているうちに比較がしたくなり、ちょっと脱線しました。


こちらが、50mmマクロ。


180624_02


α7Ⅱ + LM-EA7 + Super-Multi-Coated MACRO-TAKUMAR 50mm F4(写真をクリックすると少し大きくなります)


こちらが50mm標準レンズ。いずれも古いマニュアルフォーカスレンズです。


180624_03


α7Ⅱ + LM-EA7 + Super-Multi-Coated TAKUMAR 50mm F1.4(写真をクリックすると少し大きくなります)


アングルもF値も違うので正しい比較はできないのですが、ヘリコイドでアシストされた標準レンズは結構がんばっている気がします。


で、こちらがもともと撮りたかった紫陽花です。
まず、マクロバージョン。水滴がキッチリと写されて状況がよくわかる写真になっています。


180624_04


α7Ⅱ + LM-EA7 + Super-Multi-Coated MACRO-TAKUMAR 50mm F4(写真をクリックすると少し大きくなります)


こちらは標準レンズバージョン。
紫陽花だけ見ているとどういう状況で撮ったかわからないですね(苦笑)
しかし、前の写真もそうですが、いい感じに思えます。


180624_05


α7Ⅱ + LM-EA7 + Super-Multi-Coated TAKUMAR 50mm F1.4(写真をクリックすると少し大きくなります)


明るい標準レンズを開放で撮ることの面白さが、少しだけわかったきたような気がします。
(勘違いかもしれませんが...)

2018年6月17日 (日)

アオバズク

今年もやってきました。


180617_01


E-M1 MkⅡ+ MZD 300mm F4.0 + MC-14 (写真をクリックすると少し大きくなります)

2018年6月12日 (火)

高砂緑地

先日、体力維持と撮影を目的に出かけた散策の途中で寄った高砂緑地(たかすなりょくち)。
茅ヶ崎駅から程近いところにあります。


180612_01


α7Ⅱ + LM-EA7 + ZUIKO MC AUTO-S 50mm F1.4(写真をクリックすると少し大きくなります。以下同じ)


もともとは明治の俳優川上音二郎と貞奴と暮らした別荘があったところです。
その後実業家の別荘となり、一角に茶室・書院の松籟庵(しょうらいあん)が建てられました。
(茅ケ崎市に寄贈されています)


180612_02


いい雰囲気です。


180612_03


庭もなかなかなので、散歩されている方も多いです。
でも、これではイメージがわかないかもしれませんね(汗)


180612_04


池の縁にはシオカラトンボがとまっていました。
標準レンズでも撮れるほど近寄ってもOKな個体でした。
(ちなみにこれはオスですね)


180612_05


先日アップした梅の写真はここで撮りました。
近いのでまた来たい場所です。

«紫陽花

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ